【関西キャンプ場】奥琵琶湖キャンプ場(滋賀県)と周辺の紹介!

スポンサーリンク
オートキャンプ場
この記事は約3分で読めます。

こんにちは、くまです!

 

先日、奥琵琶湖キャンプ場という、大阪から2時間に位置する場所で秋キャンプを満喫してきました!

 

 私のYouTueチャンネルでも紹介しましたが、

全国キャンプ場ガイドブック」で紹介されていたキャンプ場であり、行ってみた次第です。

 場内は、クヌギクリホウノキなどの木々に囲まれており、

夏は直射日光を避け、

秋は紅葉と落葉のキャンプを満喫できます。

また、落葉の上でキャンプを楽しみにするキャンパーのため、春まで落葉の清掃はしないようです。

このキャンプ場は毎週末予約で埋まっていることが多く、

わざわざ平日に有給取って行きました(笑)

そんなキャンプ場を紹介していきたいと思います。

キャンプ場の雰囲気とともにキャンプや空撮も楽しめる動画はこちらです(笑)

 ↓↓↓

カップルで秋キャンプ!予約でいっぱい奥琵琶湖キャンプ場
スポンサーリンク
スポンサーリンク

まずはここで買い出し

大阪・京都方面から来られることを想定してのルートになります・・!

※マップ上の”海津大崎”は、日本のさくら名所100選に選ばれてます

キャンプ場まで車であと25分という場所に関西のスーパー”平和堂”があります

そこで買い物しちゃいましょう

その向かいあたりに道の駅があったので、私は道の駅⇒スーパーへ行きました。

キャンプ場のマップと受付

入口はこのような感じで、受付まで舗装された道をまっすぐ行きます。

マップの通り、受付は真っすぐ突き当り左です。

※見て頂くとわかる通り、結構広いです。

 利用料金は計5000円でした。

大人二人:2000円

車一台:1000円

テント1張り:1000円

タープ1張り:1000円

キャンプ場のルール

キャンプ場HPにも記載されてますが、ざっとこんな感じです。

  • チェックイン/12:00~17:00
  • チェックアウト/~11:00
  • 打上げ、吹上げ花火、音の出る花火は厳禁です。
    手持ち花火はOKです。(夜21時まで)
  • 夜22:00以降の騒音行為はお控え下さい。
  • エンジンのかけっぱなし、発電機の使用、楽器演奏はダメ
  • ゴミ分別あり

また、焚火する際は赤いバケツが渡され、水を張った状態でするようにルールでなってます。

癒される近場の温泉

キャンプと言えば温泉ですよね!

奥琵琶湖キャンプ場から車で20分程に、

マキノ白谷温泉”があります

ここはですね、予約すれば貸し切り温泉も使用できるんです!

私も電話予約して家族風呂を利用しました。

めちゃめちゃ気持ちよかったです・・!

 

 

これから秋も深まる最高の秋キャンプシーズン!

足を運んでみては!?

コメント

タイトルとURLをコピーしました