ハンモック使えるキャンプ場の探し方があればいいのに。

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。

こんにちは、くまです。

時が経つのは早いもので、今年も残り7か月です。

今年の目標は無事達成できるのか。。

何にしても、毎日を充実させて生きていきたいですね

そのためにも、早くキャンプ場を予約しないと・・!

にしても、そろそろ暑くなってきました

明日の天気予報も最高気温は29℃

夏日です

6/3なのに

暑くなってくると、テントで寝るのもしんどいですよね

だから、私はハンモックに憧れるわけです。

こんな記事なんて見たら余計したくなります↓

上級者キャンパーのテクニックが凄い……!はじめて憧れの「ハンモック泊」をやってみた | CAMP HACK[キャンプハック]
最近ブッシュクラフトスタイルでのキャンプが流行ってきており、憧れている人も少なくないはず。筆者もそんな一人でした。なかでも挑戦してみたかったのがハンモック泊!今回はブッシュクラフトのスペシャリストである相馬拓也さんに協力していただき、まだ寒さの残るこの季節でのハンモック泊に挑戦してきました!

上の記事は、冬での防寒対策がメインですが、

最後のコメントにあるように、寝心地が断然いいそう

テント泊での悩みは2点あり、

①撤収・使用後の手入れが面倒

②寝心地が悪い(朝起きたらたいてい腰が痛い)

これらを解決するためにどうしたものか。

そのためにも、ハンモックに挑戦してみたいものです!

と、意気込んだのですが、

ハンモック使えるキャンプ場ってどうやって探すんだろう

という、地味な問題にぶち当たりました。

Google先生に聞いてみましたが、イマイチ

結論としては、

やはりハンモック使えるキャンプ場の探し方は、地道に1つずつ探す

しかなさそうです。

あと、これはキャンプマナーに関わる話ですが、

ハンモックをNOとしているキャンプ場もあります。

理由は、木が枯れてしまうからです。

人1人を支えるわけですから、ダメージが蓄積された結果枯れます。

したがって、タオルを巻いて傷つくのを防いだとしても、

誤解を招かないために、勝手なことはしない方がよいでしょう。

んー、蚊帳付きのハンモックがほしいなぁ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
キャンプ雑談
所長kumaをフォローする
未来キャンプ研究所

コメント

タイトルとURLをコピーしました