空撮に興味あり!始めたい!方にお勧めしたいMavic mini

スポンサーリンク
ドローン

こんにちは、くまです!

この写真、日本で撮ったと言われ、信じられますか?

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ドローンに興味を持ったきっかけ

ドローンを操縦したことのない私が、ドローンに興味を持ったのは去年の11月

実家に帰省した際に、父親が自慢げに見せてきたのがきっかけでした。

父親ってすごいよね(笑)

写真や動画がきれいで、「こんなの撮ってみたいなぁ・・・」と思いました。

それまで、「スマホのカメラで十分だわ」って思っていた人間です(笑)

調べていくと、結構ドローンってお高いんです!!

加えて、いろんな法律があって、国土交通省なんかに申請したり、

めんどくさそう

・・・と、思っていたんです。

そんな私でも簡単に、しかも↓こんなに綺麗に撮れたんです!

Mavic miniで撮る 誰もが魅了される空撮

初心者にお勧めしたい唯一のドローン ~Mavic mini~

前述した通り、問題は2点。

  1. ドローンは高く、何十万円もかけれない
  2. 法律が厳しそう

これらについて順に話していきます!

1 . ドローンは高く、何十万円もかけれない

ドローンの相場は、1万円以下 ~ 30万円以上までピンキリです。

それらのコスト要因は、ざっと以下の通りでしょう。

  • カメラの性能(画素数)
  • 画質(4K, フルHDなど、YouTubeはフルHDが主流)
  • 遠隔操作距離(遠くまで飛ばせる方が楽しいですよね)
  • 稼働時間(バッテリーの重量に比例)
  • 航行スピード(時速92km/hまで出るものも・・)
  • ジンバル有無(スタビライザーがあると風でドローンが傾いてもカメラはブレません)

これらの項目で妥協しないと、高い買い物をしてしまうんですよね。

私はと言えば、ドローンすら操縦したことなかったので、Pro仕様は不要だと思いました。

しかし、人に見せたい(YouTubeにアップしたい)という欲求はあったので、

そこそこ綺麗撮れるのが希望でした。

条件1:画質がそこそこよく、ジンバルがついている

※Pro仕様のドローン価格を知りたい方は、こちら→DJI Inspire 2

2 . 法律が厳しそう

航空法により、200g以上のドローンでは人口集中地区(DID)での飛行や

高度150m以上の飛行などが基本的に禁止されています

(航空局への許可申請で飛行が可能なものもあります)

つまり、200g未満のドローン(トイドローンと呼ばれます)は航空法の適用を受けません!

200g以上のドローンよりも気軽に飛ばせるわけです!

条件2:200g未満

これらの条件を満たしているドローンこそが、私が実際に使っているドローンです!

開封したてのMavic mini 片手で持てるほどコンパクト

2020年4月9日時点では、¥59,400です。

created by Rinker
DJI
¥47,300 (2021/6/20 11:40:00時点 Amazon調べ-詳細)

これが高いか安いかは別とし、この値段の価値があるかどうかが重要だと思います

撮影した映像がいかに綺麗か感動したのは、32型のテレビ映した時でした

映像確認のため、大画面で見たかったのです

以降、いろんな場所を撮りに行きたいなと思い始めたのでした(笑)

このMavic miniですが、いろいろなブログ、YouTubeでも紹介されてますので、

参考リンクを載せておきます。

また、航空法は適用外ですが、

小型無人機等飛行禁止法、道路交通法、条例などはしっかり確認しないと、

うっかり違法、なんてことにもなるので、

しっかり理解を深めてから、楽しんでくださいね!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドローン
所長kumaをフォローする
未来キャンプ研究所

コメント

タイトルとURLをコピーしました